BLOG

『熊本で暮らす』とは。 ~vol,1~

2019.11.29

みなさんこんにちは。

新たに『熊本で暮らす』とは。というテーマで熊本の魅力をお伝えしていこうと思います!
というのも、えがおで働く中途社員の約4割は県外からのUターン・Iターンの方なんです。
家族を連れて転職される方も多いため、熊本での暮らしの“リアル”を発信していこうと思います。

初回は【熊本市】について。
人口 約757,000人(2019年10月現在)
九州では福岡市・北九州市に次ぐ3番目の都市で、2012年に政令指定都市に指定されました。
中心部には「上通り(かみとおり)」「下通り(しもとおり)」と呼ばれるアーケードがあります。
おしゃれなショップやカフェから地元の新鮮な食材を使った美味しい飲食店まであり、昼と夜とでは少し違う雰囲気を楽しめますよ。

-※関東のように各駅ごとに大きな百貨店などはありません。ここが中心です。「街行こう」って言います。
「商店街」と言うと怒られちゃいます。(笑)

また、熊本のシンボル「熊本城」も街中から見上げることができます。
2016年4月に起きた熊本地震では大きな被害を受けましたが、復旧が進む熊本城天守閣の大天守外観復旧を記念して、10/5(土)から日曜と祝日に特別公開されています。
熊本城のふもとには「城彩苑」という熊本名産のお土産や飲食店が集まった観光施設もあります。

ー※個人的に友人を案内するときには必ず連れていく場所です。美味しいバイキングを食べたあとは陣太鼓アイス、ワインを試飲して手土産に。といった感じで地元の人も楽しめる場所です。

そして、熊本は「水」が自慢です。
なんと蛇口の水が飲めるんです!熊本市の生活水道水すべてを清らかな地下水で賄っていて、世界的に見ても珍しい都市だそうです。この地下水はミネラル成分がたくさん含まれていて、蛇口をひねれば身体に優しい天然のミネラルウォーターを飲むことができます!
えがおから車で10分ほどの距離に「江津湖」という広~い湖があり、広場のあちこちに湧水が流れていて、夏場は水遊びをして楽しむこともできます。

-※この江津湖は本当に子供を連れていくには最高です!まだ歩けない赤ちゃんをちゃぷちゃぷ水遊びさせることもできるし、バケツ釣竿をもった上半身裸の小学生も楽しめるし、大人は木の陰で涼めるし、お弁当を持っていけば一日遊べます!(笑)

まだまだお伝えしたいことがところが沢山ありますが、初回はここまで。
次回も個人的おススメを絡めて発信します♪

それでは!

募集職種へ

採用ブログ一覧へ